ほうれい線を防ぐならまずお手入れ お役立ち美容成分はこれ!

更新日:

 

ある日、鏡を見てると
ほうれい線ができてシワが入っているのに気が付いてしまった…!

肌の変化を感じ、落ち込んだ経験がある方もいると思います。

ほうれい線の悩みは、30代頃から気になり始める人が多いようで、正しいお手入れをしないと、どんどんシワが深くなっていってしまいます。

気が付いたら、なるべく早くお手入れを始めたいものです。

化粧品でほうれい線を防ぐなら皮膚の中をふっくらさせるこの成分

ほうれい線を防ぐためのお手入れですが、まずは毎日の化粧品を変えてみるのが簡単にできる方法ですよね。

基礎化粧品は年齢・肌環境の変化とともに見直していくのが良いので、ほうれい線が気になり始めたのは、見直しの良い機会かもしれません。

 

まずは、ほうれい線ができる原因を見てみましょう。

① 肌のハリ成分の減少 …加齢・紫外線 などの影響

② 筋肉の衰え …加齢・表情が豊かでない・噛む回数が少ない食生活・人と話さない などの影響

③ 乾燥 …表皮の環境悪化が、真皮へも影響して深いシワができてしまう

④ 体重増加・むくみにより、頬が重くなりたれる

ひとえに、ほうれい線と言っても、様々な原因があることが分かりますね。

中には、年齢に関係なく起きるものもあります。やはり「加齢」は、ほうれい線とは切っても離せないものなのです。

しかし、これまで気にしていなかった人が、急にほうれい線ケアのための化粧品を選ぶのは難しいですよね。

そこでどのような美容成分が入っているものを選べば良いのか?化粧品選びのポイントをご紹介します。

皮膚をふっくらさせる成分

・コラーゲン

・エラスチン

・ヒアルロン酸

これらは、肌のハリのもとになる成分で、加齢とともに減ってしまうのですが、化粧品により補うことができるんです!

ほうれい線ケアのためには、ハリのもととなる成分を取ることが欠かせません。

保湿成分

・セラミド

「最強の美容成分」などと称されることも多い、最近注目の美容成分で、高い保湿力を持ちます。

こちらも加齢などにより、減少してしまうものですが、化粧品により補うことができます。

前述の肌のハリのもととなる成分と相性が良く、同時に取り入れることで相乗効果があります。

 

ほうれい線を防ぐなら高機能の美容液は欠かせない

ほうれい線ケアには、ハリのもととなる成分・保湿成分をしっかりと補うことが大事なため、美容液を使うことを是非おすすめします。

美容液とは、化粧水・乳液などの基礎化粧品の一種で、美容成分をギュッと濃縮して配合しています。

集中的に肌に栄養を与えて、良い状態へ導いてくれるものです。

使う順序ですが、一般的には、化粧水で肌を整えた後に、油分を含むもの(乳液・クリーム)の前に使うことが多いです。

化粧水でしっかり水分を補った後に美容液を使わないと、せっかくの美容成分がじゅうぶんに肌に浸透していかないのです。

いくら効果の高い美容液を買っても、使い方によって効果が半減してしまうこともあるので、正しい順序を守って使用するようにしましょう。

-40代の美容 コラム, たるみハリケア
-

Copyright© オトナ美時間│きれいな40代でいたいアナタへ~ , 2018 All Rights Reserved.