目の下のたるみは見た目年齢プラス10才!?

更新日:

疲れているわけではないのに、なんとなく疲れたように見える。

それってもしかすると、目の下のたるみのせいではないでしょうか?

目元は、顔の中でも目立つパーツで、目の下にたるみがあるというだけで、なんとなく疲れて見えたり、実年齢よりも老けて見えてしまうことがあります。

それではまず、目の下のたるみの原因について考えてみることにしましょう。

 

目の下だけ異常にたるみがでてしまう原因

目の下にたるみができるいちばんの原因として考えられるのは、皮下の美容成分の減少です。

真皮層には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分が存在していますが、これらの美容成分は年齢とともに減少して行きます。

すると、お肌は水分や弾力を保っていられなくなり、たるみが生じやすくなります。

また、近年多いといわれているのが、パソコンやスマホの長時間使用による、眼精疲労から来る目の下のたるみです。

目を酷使し続けていると、その周辺の筋肉が委縮(いしゅく)し、血行不良が起こることがあります。

そして血行不良が起こると、その部分に運ばれるはずの栄養素が不足し、たるみとして現れてくることがあります。

さらに、40歳以上になると、眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪が目の下につきやすくなり、このふくらみによってたるみが生じることもあります。

 

目の下のたるみを取るとうんと若返る?

目の下のたるみを取るだけで、かなり若々しい印象になります。

では、どのようなケアを行えば良いのでしょうか?

ひとつには、目の周辺の筋肉を鍛えるエクササイズを行うという方法があります、この方法は継続して行うことによって、徐々に目の下のたるみが改善されて行くでしょう。

化粧品でケアを行いたいのであれば、イオン導入+ビタミンC誘導体化粧水でのケアがおすすめです。

ビタミンC誘導体は強い抗酸化力を持つ成分で、イオン導入でビタミンC誘導体の成分の浸透力を高めることによって、目の下のたるみ改善に役立ちます。

上記で書いているのは、自分で行うことができるケア方法ですが、確実に目の下のたるみを取りたいのであれば、美容外科での治療という手もあります。

美容外科では、ヒアルロン酸注入や脂肪除去手術、PRP皮膚再生療法などで、目元の悩みを改善することができます。

セルフケアだけではどうにもならないと感じたのであれば、美容外科での治療も視野に入れて、目の下のたるみ改善を考えてみてはいかがでしょうか。

本気でどうにかしたい!という時は、ひとまず美容外科でカウンセリングを受けてみて、治療の詳細に関する説明を受けてみると良いでしょう。

 

 

-40代の美容 コラム, たるみハリケア, 目元ケア
-, ,

Copyright© オトナ美時間│きれいな40代でいたいアナタへ~ , 2018 All Rights Reserved.